飛行機と自動車

1915

1915年以降、飛行機と自動車のパイオニアたちが必要とする計器を作るために、3人の男たちが力を合わせました。ジャック・ダヴィド・ルクルト(1881~1948)、エドモンド・ジャガー(1851~1922)、そしてエドモンド・オーデマ(1882~1970)です。エドモンド・オー デマは自転車競走のチャンピオンであり、ジャック・ダヴィド・ルクルトの幼なじみでした。パリ - ベルリン間を最初に飛んだ飛行家であり、ローラン・ギャロス(仏の飛行家)の将来の相続人でした。また、飛行高度6120mを打ち立てそれまでの記録を塗り替えました。何枚もの服を重ね着していたにもかかわらず、彼の足は危うく凍傷になるところでした。一部がジュウ渓谷で製造され、ジャガー社のブランド名の付いた計器類、クロノグラフ、8日間パワーリザーブの時計、自動操縦装置、角度計などが、第1次世界大戦の同盟国側の戦闘機に装備され、戦後には最も高価な自動車にも装備されました。