デュオプラン

1925

1920年代、非常に小型の女性用腕時計が大流行しました。しかしながら、極端な小型化により、たいていは信頼性と精度の悪化を招いてしまいました。この問題を見事に解決したのがデュオプランでした。この時計のキャリバーは二層構造になっており、デュオプランはエレガンスと精密な時計製造を融合させ、世界最小ムーブメント、キャリバー101の誕生へと至ったのでした。