レベルソ

レベルソ

時は1931年に遡り、渦巻く砂塵と馬の蹄の音が鳴り響く中、あるアイディアが閃きます。それは、腕時計のダイヤルを衝撃から保護する一方、裏面にエングレービングでパーソナライズを施すというものでした。