1000時間コントロールテスト

ジャガー・ルクルト製タイムピースは、出荷される前に、1000時間コントロールテストをクリアしなければなりません。この極めて厳格な検査は、スイス公式クロノメーター検査協会(COSC)が規定する基準よりも遥かに厳しく設定されています。COSCでは、複雑機構を搭載していないケース未収納のムーブメントを検査するのに対し、ジャガー・ルクルトでは、実際の使用環境を再現したなかで、完成した腕時計をテストした後に証明が与えられています。全ての腕時計は、6週間に相当する1000時間にわたるこの凄まじい試験をクリアしなければなりません。この1000時間コントロールテストは、時計の新たな品質基準として認められていることから、ジャガー・ルクルト製タイムピースのオーナーは、古の伝統に育まれ、数多くの綿密なプロセスを通じてディテールまで入念に磨かれ、最も厳格な検査をクリアして誕生した、類まれなタイムピースを所有していることになります。