ジュウ渓谷における初のマニュファクチュール

1866

1866年、スイスの時計製造がまだ小さな家内工房に依存していた頃、アントワーヌ・ルクルトと息子のエリーは時計製作に関わる数多くの技術を一つ屋根の下に集結し、新しい工具を操る蒸気駆動の機械を設置することにしました。こうして、LeCoultre & Cieはジュウ渓谷における初のマニュファクチュールとなったのでした。今日、マニュファクチュールには設計から製造まで、最高級の時計の製作に必要な180以上の技術が集約されています。