コンプリケーションのグランド・メゾン

1870

LeCoultre & Cieは、時計史上初めて複雑機構を備えたキャリバーを少量生産します。優れた精度に関するノウハウと新たな工具の開発により可能となったこの小さな革新は、精度と信頼性の分野に著しい進歩をもたらしました。これ以降、マニュファクチュールでは、それぞれ200種類以上のクロノグラフやリピーター機構、数多くの超複雑機構を含む、さまざまな複雑機構を搭載した500種類を超えるキャリバーを開発しています。