ウォッチ・オブ・ザ・イヤー 2010:デュオメトル・カンティエーム・ルネール

2010年11月05日

  • News 596
ジャガー・ルクルトが、ジュネーブでウォッチ・オブ・ザ・イヤー 2010 / パブリック賞を受賞

木曜日の夜、500人近い観衆が見守る中、ピンクゴールド製デュオメトル・カンティエーム・ルネールが、世界中の人々が参加するインターネット投票の結果、« ウォッチ・オブ・ザ・イヤー / パブリック賞 » の栄冠に輝きました。SIHH2010でベールを脱いだデュオメトル・カンティエーム・ルネールは、そのスタイルと技術性を武器に、すぐさま高級時計の中で最も稀少かつ独創的な腕時計としての地位を築き上げました。このモデルには、ジャガー・ルクルトが手掛けた最新の研究の成果が盛り込まれており、1/6秒単位で計測可能なフドロワイヤントに加え、日付と月齢を1つのインダイヤルで表示します。しかし、この腕時計が本当に優れている点は、独立した2つの動力源を特徴とする、デュアル・ウィング ムーブメントのコンセプトにあります。1つは、脱進機とテンプによって調整される時計の精度を維持するための動力源で、もう1つは、時・分・秒針による時刻の表示、そして日付と南北両半球の月齢を表示するための動力源です。この2つの動力源は、脱進機によって駆動するフドロワイヤントによって連動しています。これまでにも、2004年にはマスター・ホームタイム、2007年にはデュオメトル・クロノグラフがそれぞれパブリック賞を受賞しています。ジャガー・ルクルトはパブリック賞という栄誉を受け、高級時計の世界で培われた177年のノウハウを支えに、絶え間なく偉業を達成してきたスタッフ一同に感謝の意を表します。