マスター・コンプレッサー

2002

伝統と革新の精神が見事に結晶したこのシリーズには、1965年に製作されたメモボックス・ポラリスのデザインが取り入れられており、過酷な使用条件における優れた耐久性、高い防水性を誇る圧縮キー付きリューズ(特許取得)などが、この時計の特徴となっています。2005年には、冒険家エマニュエル・コワンドルがマスター・コンプレッサー・エクストリーム・ワールド・クロノグラフを着用し、手漕ぎボートで129日をかけて日本から米国までの太平洋単独横断を達成しました。