マテリアル

  • Les engagements de Jaeger-LeCoultre: des matériaux de très haute qualité
ダイヤモンドおよびゴールドジャガー・ルクルトはダイヤモンドとゴールドの調達に関する慎重な姿勢を崩していません。特に紛争ダイヤモンドに関しては、強固なポリシーを貫いています。参考までに、国連では「紛争ダイヤモンド」を「国際的に認められている正規の政府に敵対する勢力または派閥が支配する地域で産出され、正規政府に敵対するまたは国連の安全保障理事会の決定に違反する軍事行動の資金調達のために使われるダイヤモンド」と定義しています。2003年に発効し、スイスおよびEUを含む75か国以上が採択している「キンバリー・プロセス」は、こうした紛争ダイヤモンドに対処するために策定されました。ダイヤモンド原石の取引に関するこの認証制度は、ダイヤモンド取引が武力紛争の資金調達源となるのを防ぐことを意図しています。キンバリー・プロセス参加国間のダイヤモンド原石の取引では、そのダイヤモンドが紛争地域で産出されたものではないとする証明書を添付することが義務づけられます。「責任ある宝飾のための協議会」(RJC)は、ジャガー・ルクルトを初めとして80社以上が加盟する2005年に設立された国際的なNPO団体です。採掘から小売に至るまで、ゴールドおよびダイヤモンドのサプライチェーン全体を通して、ビジネス倫理、人権、社会的責任や環境責任の遂行に関する責任感を高めていくことをミッションとしています。RJCのメンバーになるには、RJCが提唱する非常に厳しい基本原則と行動規範に則った行動を取ることを誓わなければならず、また、実際にこうした規範が守られていることを確実なものとするための監査も行われます。RJCのメンバーになることで、ジャガー・ルクルトは、環境と人権を尊重した持続可能な発展に関与することへの決意を公式に再確認したいと望んだのです。- キンバリー・プロセスについての詳細はhttp://www.kimberleyprocess.comをご覧ください。- RJCについての詳細はwww.responsiblejewellery.comをご覧ください。- RJCの基本原則/行動規範(完全版)のダウンロードはこちらをクリックしてください。木材および紙材ジュラ山脈の中心に位置するジャガー・ルクルトは、人々の生活にとって不可欠な要素である森林を維持していくことがいかに重要であるかを十分に認識しています。紙の消費を減らすことには特に気を配り、あらゆる印刷物に使われる木材の出所にも細心の注意を払っています。2008年、ジャガー・ルクルトはこうした取組みを対外的に示すことを決意し、FSC認証を取得しました。森林管理協議会(FSC)は、世界中すべての森林の責任ある管理を推進することを目的として設立された独立系NGO/NPO団体です。現在、ジャガー・ルクルトはすべての印刷物にFSC認証紙を使っており、さらに、このFSC認証を社内の家具や木製の備品にまで広げられないかを検討しています。紙の消費を効果的に減らすには、FSC認証を取得するだけでは十分ではなく、関係するすべての人々の努力が求められるので、ジャガー・ルクルトでは、従業員それぞれの責任感を高める社内運動が展開されています。これによって、従業員は本当に必要な場合にだけ印刷をかけ、可能であれば両面印刷を行い、カラーではなく白黒で印刷することにより、紙の使用に今まで以上に慎重になることが奨励され、また、効率的なソーティング・システムや検索技術も採用されています。現在従業員は、コンピュータによる電子メールの送受信やUSBメモリといった環境に配慮した通信手段を利用することが一般的になっています。この方針は、本社だけにとどまらず、支社にも社内での紙の消費を減らし、印刷物は地元で作成にすることでその一翼を担うようになっています。すべての支社にFSCの認証を取得したサプライヤーとFSC認証紙を選ぶことを求める印刷規定を配布しています。ジャガー・ルクルトはさらに、通信や情報伝達に関しても、最新技術がもたらすメリット、最新技術が可能にする代替手段についても、しっかりとした認識を持っています。このため、ジャガー・ルクルトと支社や取引先との連絡事項やファイルの交換をインターネット、FTPネットワーク、USBメモリなどを通して行なえるようにするための検討も徐々に始めています。また、お客様やジャーナリストの方にもより多くの情報を提供するため、ジャガー・ルクルトのウェブサイトの改良にも日夜取り組んでいます。森林の保全には日常的な取組みが求められます。ジャガー・ルクルトもその従業員もこの点を十分に認識しています。かつてないほど多くの活動と継続的な努力によって、すでに社内の紙使用量は年間80万枚もの削減になっています。- FSCについての詳細はhttp://www.fsc.orgをご覧ください。- ジャガー・ルクルトが取得したFSC認証書のダウンロードはこちらをクリックしてください。レザーストラップジャガー・ルクルトは、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」(CITES)を遵守します。一般に「ワシントン条約」と呼ばれるこの政府間の国際協定は、野生動植物の種の国際取引がその種の存続を脅かさないようにすることを目的としています。ワシントン条約は現在3万種以上の野生動植物を保護の対象としています。- ワシントン条約についての詳細はhttp://www.cites.orgをご覧ください。マテリアル・リサイクル方針マテリアル・リサイクル、つまりゴミとなった材料を再利用することは、ジャガー・ルクルトの経営において欠かすことのできない優先項目であり、各従業員が永続的に取り組まなければならないミッションのひとつでもあります。ジャガー・ルクルトは、ゴミの分別、製造プロセスの管理、サプライヤーとの協力に焦点を合わせたマテリアル・リサイクル方針を推進しています。紙、ダンボール、木材、PETボトル、紙コップ、金属(スチール、真鍮等)、電線、電池、油類、危険物のゴミは、分別され、可能な限り、再利用されます。