メンテナンスサービスとはなんですか?

  • Entretien Care p 184

2年に1度、もしくはタイムピースを長時間および/または定期的に水中で使用される前には、ジャガー・ルクルトのカスタマー・サービスセンター、ブティック、正規取扱店のいずれかに、防水性検査もご依頼ください。

防水性は常に一定ではありません。防水性をになうパッキンは、腕時計の置かれた状況に応じて、温度変化によって乾燥することがあります。また、リューズ、プッシュボタン、コレクターも防水機能を担っていることから、2年毎に交換する必要があります。 

時計の電池交換、メンテナンスサービスおよびコンプリートサービス、またケースをオープンした際は防水性検査が不可欠です。 

ケースの中に水が浸入する恐れがあるため、水中でリューズを引き出して日付や時刻の修正を絶対に行わないでください。ねじ込み式リューズを搭載した腕時計では、水中に入る前にしっかりとリューズがねじ込まれていることを確認してください。海水浴や塩素を含む水中(プール)で泳いだ後は、腕時計を淡水ですすぎ、次に傷のつかない布で拭き取って乾燥させてください。

腕時計の防水性検査は、次の工程を含むメンテナンスサービスで行われます:

ケースの分解
ケースとストラップ:超音波クリーニング、ケースのプロテクション、パッキンの交換、ガラスの取り外しおよび接着、防水性検査
必要に応じて電池交換
- ムーブメントの調整検査
- ムーブメントをケースに収納
- 完成した腕時計の防水性検査
- 機能性と外観の最終検査

メンテナンスサービスでは、微調整を除き、ムーブメントに対する作業は行われません。 

研磨はメンテナンスサービスの料金に含まれておらず、リューズ、プッシュボタン、コレクターの交換と同様に、メンテナンスサービスの受付時のみ、有料オプションでのご提供となります。

腕時計のメンテナンスサービスは、ジャガー・ルクルト正規取扱店やジャガー・ルクルト ブティック、またはジャガー・ルクルト指定サービスセンターにご依頼ください。 

万一、腕時計の中に結露が発生している場合、また誤って水没させてしまった場合は、速やかにジャガー・ルクルト正規取扱店に修理をご依頼ください。