切削と溝切り

フライス盤で切削を行い、完全な形状になるまで余分な材料を取り除きながら、歯、歯車、ピニオンを作り出します。ジャガー・ルクルトの比類なきクオリティーは、ブランドの長い歴史を通じて完成された、卓越した一連の生産方式により生み出されています。そのなかには、時計の作動性能を向上させる、ピニオンとテンプの軸の溝切りがあり、この作業には、傑出したノウハウ、熟練の腕、そして研ぎ澄まされた判断力が要求されます。極小サイズの部品を扱う極めて繊細なこの工程は、非常に狭い範囲内での作業を余儀なくされます。