ケースの加工

  • Usinage | Métier horloger | Manufacture Jaeger-LeCoultre
ここでの極限の精度の追求は、機械での作業に委ねられています。様々な素材(プラチナ、ゴールド、ステンレススチール、チタンなど)の部品は、まず型抜きされた後、旋盤加工、転削、研削の各工程へと移行します。そして、穴があけられ、研削と研磨により成形されると、次に仕上げ工程前の下地作りが施されます。繊細さを要する入念なバリ取りおよび仮組立ては、熟練の職人の手作業のみが成せる技となっています。