電気メッキ

部品の変質を防ぐ電気メッキ処理は、ステンレススチールまたは真鍮製の部品を、電気分解により0.8~1.2ミクロンのニッケル薄膜で覆います。真鍮製の部品には、0.2~0.3ミクロンのロジウムまたは24Kゴールド薄膜を施すこともあります。こうして、各部品は腐食や機械的損耗から保護され、十分な寿命が確保されます。ジャガー・ルクルトは、電気メッキを完璧に操る数少ないマニュファクチュールの1つに数えられており、この技術を駆使することで、シルバー、パラジウム、ルテニウムといった多くのメタルのほか、様々な種類のゴールドにもメッキを施すことを可能にしています。