世界で最も薄いムーブメント

1907

1903年にエドモンド・ジャガーがジャック・ダヴィド・ルクルトに対して掲げた挑戦を受けて開発された超薄型キャリバーのコレクションは、時計製造における比類ないキャリバーに数えられます。その中には、ミニッツリピーターやクロノグラフ、ダブル・コンプリケーションなどが数多く含まれていましたが、最も有名なのは何といってもルクルト製キャリバー145でしょう。1907年から1960年代まで400個あまりが製造されたこのキャリバーは、厚さが僅か1.38mm。当時最も薄いムーブメントでした。