ジャガー・ルクルトが2011年FIPポロワールドカップのオフィシャルタイムキーパーに

2011年08月15日

  • News 730
2011年6月25日、クアラルンプール

先日開催されたFIPポロワールドカップのアジア・オーストラリア・アフリカ(ゾーンD)選手権予選大会でインドが優勝を飾りました。この予選大会はマレーシアでは初の開催となり、クアラルンプールのロイヤル・セランゴール・ポロ・クラブで行われました。インドとパキスタンが痛快な6チャッカを闘い抜いた末、インドが12-9のスコアで勝利しました。予選トーナメントの上位3カ国となったインド、パキスタン、オーストラリアは、10月にアルゼンチンのサン・ルイで開催されるFIPポロワールドカップ決勝戦への出場資格を獲得しました。予選大会には多数の特別ゲストが招待され、パハン州スルタン、スルタン・ハジ・アフマド・シャー国王、パハン州皇太子のトゥンクー・アブドゥラ皇太子、マレーシア首相のナジブ・ラザク氏のほか、マレーシア駐在インド高等弁務官のヴィジャイ・K・ゴカレ氏、マレーシア駐在パキスタン高等弁務官のマスード・ハリド閣下、ナイジェリア高等弁務官代理のババ・トゥンデ・A・ヌルディーン氏、シンガポール高等弁務官のT.ジャスダセン閣下、日本大使の中村滋大使など多くの外国高官が出席しました。優勝チームの各メンバーにはジャガー・ルクルトのアイコン的腕時計、ビッグ・レベルソが贈られました。腕時計の裏面には特別にFIPポロワールドカップのロゴのエングレービングが施されています。献身的姿勢と正確さから作り出されたこの腕時計は、多くの人々にとってコレクターズアイテムとなることでしょう。この傑作に施されたエングレービングは、スイスのエングレービング職人による最高の仕上がりとなっています。ジャガー・ルクルトのレベルソは世界で唯一、ポロの長い歴史を共有する腕時計です。「優勝チームを心から祝福いたします。ジャガー・ルクルトは、1931年にレベルソを製作して以来、ポロへの情熱を共有してきました。レベルソは、ポロ競技の際の衝撃に耐えられるよう特別にデザインされた腕時計です。現在、レベルソは最も人気のあるコレクションの1つとなっています。また、レベルソの80周年を記念する素晴らしいイベントとして、ジャガー・ルクルトは今年のFIPポロワールドカップ予選大会のオフィシャルタイムキーパーを務めることを栄誉に思います」と東南アジア担当マネージング ディレクターのアレクシ・ドゥ・ラポルトは述べています。著名なゲストたちにはレベルソの最新コレクションが披露され、シャンパンやワイン、アルゼンチン風バーベキュー「アサド」とマレーシア料理が振る舞われました。