パリ、ヴァンドーム広場のジャガー・ルクルトブティック

2011年11月07日

  • News Place Vendome
パリ、ジュネーブ、北京、上海、ロンドン、モスクワ、シンガポール… 1833年より伝説的なジュウ渓谷を拠点とするスイスのマニュファクチュールは、世界中のラグジュアリーの主要都市にブティックを設け、時計愛好家の方々へ出会いの場を提供してまいりました。

2004年、ジャガー・ルクルトは高級ホテルや高級宝石店が並ぶフランスのラグジュアリーの中心地、ヴァンドーム広場にパリのブティックをオープンしました。ルイ14世の主席建築家マンサールによる見事な17世紀のオテル・ドゥ・ヴィルマレに、ジャガー・ルクルトは、最新のクリエーションや象徴的なモデルの数々を披露するための理想的な環境を見いだしました。

2012年、マニュファクチュールは世界中の人々と時計への情熱を共有し続けるため、国際的なプレゼンスを追求します。ジャガー・ルクルトは、パリのヴァンドーム広場7番地の大幅に拡張された空間にて、マニュファクチュールの新しい側面を表現することを選びました。

近い将来、控えめなラグジュアリー、穏やかな親密感、そして現代的な洗練を称える500㎡もの空間が、内装新たに、ジャガー・ルクルトの最高級時計へと捧げられます。

これまで、ジャガー・ルクルトのブティック43店舗は、名高いロケーションを拠点に、マニュファクチュールの精神やブランドの価値観を世界に広めてまいりました。新ブティックのオープニングは、ロンドンのハロッズ、ミラノの有名なモンテナポレオーネ通りに予定しています。その間、パリや香港のブティックが新たな輝きを得てリニューアルオープンし、おなじみの高級時計ブランドの間でも突出した存在感を放つこととなるでしょう。

今年80周年を祝うレベルソの反転式ケースのように、ジャガー・ルクルトのヴァンドーム広場のブティックは、間もなく新しい姿を現します… ジャガー・ルクルトは、ヴァンドーム広場のブティックの改装期間中にも優れたサービスを提供し続けるため、2011年11月15日、サントノレ通り296番地に仮店舗をオープンします。