ジャガー・ルクルト180周年をハロッズで祝う:ジュウ渓谷のグランド・メゾンがロンドンへ

2013年05月06日

  • Jaeger-Lecoultre at Harrods

ハロッズはその歴史上初めてブロムトン・ストリートの伝説のショーウィンドウで、ジャガー・ルクルトと共に本格的な時計製造の世界を披露します。この独創的なエキシビションは、主要な伝統の職人技と名高いジャガー・ルクルトのマスタークラスを結びつけ、マニュファクチュールの180周年を祝します。

ジャガー・ルクルトの熟練の職人たちが時計製造芸術を集約したワークショップを作り上げました。

4つの職人技はまずウォッチ メイキング(5月6日から12日)から始まります。お迎えするお客様には時計職人の白衣を身に着けていただき、手先の器用さを試しながら本物のジャガー・ルクルトの腕時計の仕組みを学んでいただきます。非常に小さなカナからいちばん大きな香箱に至るまでの、輪列の動力源となるゼンマイや、テンプに与えるパワーの調節機構である腕時計の心臓部、すなわち脱進機まで組み立てていきます。マニュファクチュール ジャガー・ルクルトの時計職人の指導の元で行うこれらの細かな部品を用いた作業により、今日の高級時計製造における真のノウハウの重要な側面の理解が得られます。

マニュファクチュール ジャガー・ルクルトの工房内の希少な職種にスポットを当て、さらに3つの職人技であるエングレービング(5月13日から19日)、エナメル装飾(5月20日から25日)、ジェムセッティング(5月26日から31日)をマスタークラスを通して称えます。そしてマニュファクチュールのノウハウ、すなわちクラフトマンシップと伝統、発明の世界を特別に垣間見ることができます。

マスタークラスに参加ご希望の皆様は、ハロッズのジャガー・ルクルト+44(0) 207 730 1234(英語のみ)でご予約を承ります。参加費は無料ですが、 Prince's Foundation for Children & the Artsへのご寄付をお願いしております。