ジャガー・ルクルト プロアマカップ モナコ

2012年06月28日

モンテ・カルロで開催される国際馬術競技会に新たな局面:スイスにおける高級時計製造の最高峰であるジャガー・ルクルトは、6月29日に行われた競技会『ジャガー・ルクルト プロアマカップ モナコ』の公式スポンサーおよびタイムキーパーを務めました。

ジャガー・ルクルト Pro-Am カップ モナコ
6月29日金曜日に開催された競技会には、プロ、アマチュアの選手ぞれぞれ一名ずつからなる17チームが参加し、モンテ・カルロ国際馬術競技会のコース・デザイナーによってデザインされた特別のコースで競い合いました。この競技会のフィナーレは、金曜日の夜に開かれたレセプションパーティーによって美しく幕を閉じました。

この競技会の後援者を務めるシャルロット・カシラギは、ジャガー・ルクルトのアンバサダーであるエドウィナ・トップス=アレクサンダー選手と試合を行いました。エドウィナ・トップス=アレクサンダー選手は2009年以来、最高ランクに位置している女性選手です。2009年と2011年には、権威あるグローバル・チャンピオンズ・ツアーで愛馬イト・ドュ・シャトーに乗って優勝しています。現在世界ランク10位、女性選手としてはトップの彼女は、グローバル・チャンピオンズ・ツアー史上初めて1シーズンで100万ユーロの賞金を獲得した選手でもあります。

プロ選手とアマチュア選手を結ぶこの競技会は、馬術競技の家族的なスピリットを重視しています。土曜日のグランプリの前に、ジャガー・ルクルト プロアマカップ は観客を大いに驚かせ、そして喜ばせ、2012年モンテ・カルロ国際馬術競技会のハイライトとなりました.