エナメル細密画家の復活

1996

マニュファクチュールにおける数年にわたる研究の結果、時計職人ミクロス・メルツェルは伝統的なエナメル細密画の技法を復活させ、この技法のみを扱う専用のアトリエを創立しました。彼はそこで、レベルソの裏ダイヤルに、画家アルフォンス・ミュシャのアールヌーボー様式の絵画を再現しました。今日、このアトリエは、3人のエナメル細密画家を擁しています。著名な絵画やモチーフの再現には、熟達した職人の手先の器用さ、染料に関する専門知識、そして80時間以上に及ぶ極度の集中力を必要とします。