スイスの時計ブランド、ジャガー・ルクルトがドイツ初のブティックをオープン

2013年10月14日

2013年10月14日、マニュファクチュール ジャガー・ルクルトはドイツで最初のブティックをフランクフルトに正式オープンしました。Gerhard D. Wempe KG運営による新しいブティックはゲーテ通り4−8番地という一等地に位置し、150平方メートルの広さを誇る2つのエグゼクティブフロアーからなります。フランクフルトの中心地にあるこの世界で54番目のジャガー・ルクルト ブティックを始め、2013年もグランド・メゾンは世界的に拡大し続けます。

マニュファクチュール ジャガー・ルクルトは今年で180周年を迎えました。これを機にさらに国際的な存在感を高めるために、フランクフルトにドイツで最初のブティックをオープンします。そして時計愛好家や専門家の方々を、2つのフロアーにまたがる広々としたグランド・メゾンの魅力の世界に招待します。内装デザインは、パリをベースに活躍するマリカ・ショーメ・アンテリエールの建築家たちが新しく手掛けました。くつろいだ雰囲気の中に見られる繊細な豪華さとコンテンポラリーな洗練性が、新たな基準を打ち立てています。ウッドやアラバスターなどの魅惑的な素材がぬくもりを感じさせ、明るく心地よい空間をもたらします。このドイツ初のブティックは、ジャガー・ルクルトにとって特別な意味を持ち、訪れたお客様にグランド・メゾンの発明の精神と哲学を発見していただける、おもてなしの雰囲気に満ちた出会いの場所となることでしょう。スイスの時計ブランド、ジャガー・ルクルトはこの新しいブティックがあらゆる腕時計愛好家のための場となるよう、ブティック限定モデルを含む腕時計や高級時計、ハイジュエリーなどを幅広くご提供し、メゾンの卓越性と専門性を披露します。ジャガー・ルクルトは、パリ、ジュネーブ、北京、上海、香港、ロンドン、ミラノ、モスクワ、ドバイ、シンガポール、マカオなどの世界主要都市に54店のブティックを構えています。