隠されたリューズ

1931

1847年、アントワーヌ・ルクルトは、鍵を使わない巻き上げおよび時刻合わせシステムを開発しました。それから100年ほどを経て、彼の後継者たちは、このシステムを実現させた巻き上げリューズを時計の内部に隠すことに成功します。この技術により、ケースはよりピュアなフォルムとなり、創造性の高い デザインが生まれるきっかけとなりました。