ハイブリス・メカニカ コレクション

2013年01月17日

  • hybris-mechanica-2

1833年以来、時計製造の歴史において大いに活躍してきたジャガー・ルクルトが創業180周年を祝います。当時、スイスの時計製造がまだ小さな家内工房に依存していた頃、アントワーヌ・ルクルトと息子のエリーは時計製作に関わる数多くの技術を一つ屋根の下に集結することを決定します。こうして、LeCoultre & Cieはジュウ渓谷における初のマニュファクチュールとなったのでした。今日、マニュファクチュールには設計から製造まで、最高級の時計の製作に必要な180以上の技術が集約されています。卓越性を探求するたゆまぬ努力の中で、ユニークな発明の精神に支えられ、ジャガー・ルクルトはマニュファクチュールで生み出された優れたコンプリケーションの伝統を守り続け、アトモス・ミステリユーズ(2003年)、ジャイロトゥールビヨン 1 (2004年)、レベルソ・グランド・コンプリカシオン・トリプティック(2006年)、マスター・コンプレッサー・エクストリーム・ラボ 1(2007年)、レベルソ・ジャイロトゥールビヨン 2 (2008年)、ハイブリス・メカニカ・グラン・ソヌリ(2009年)、マスター・グランド・トラディション・グランド・コンプリケーション(2010年)、レベルソ・ミニツリピーター・リドー(2011年)、デュオメトル・スフェロトゥールビヨン(2012年)といった素晴らしい作品を次々と発表してきました。

2013年、ジャガー・ルクルトでは創業180周年を記念してマスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン 3・ジュビリーを発表します。マニュファクチュールのグランド・コンプリケーションの数々を集めたハイブリス・メカニカ・シリーズの第10作目です。

この歴史的な偉業を祝して、マニュファクチュールにおけるグランド・コンプリケーションの世界を紹介するために特別に考案されたデジタル・エキシビション「ハイブリス・メカニカ」をご体験ください。真の双方向体験を目指したギャラリーでは写真と映像によってジャガー・ルクルトがこれまでに創出したタイムピースの傑作をご堪能いただけます。「ハイブリス・メカニカ」は2003年4月から世界各地で開かれたジャガー・ルクルトで働く職人たちの発明の精神を説いた移動展覧会を彷彿とさせます。

ジャガー・ルクルトの歴史には周期的に重大な時期が訪れます。間違いなく、2013年もそのひとつになるでしょう。

ハイブリス・メカニカ コレクションのビデオを見る