ユネスコとのパートナーシップ、ヴィンテージ・クロノグラフ 1959

ユネスコの世界遺産センターとのパートナーシップの一環として、ジャガー・ルクルトはオークションを企画し、世界でただ1本の腕時計を出品しました。ヴィンテージ・クロノグラフのプロトタイプ第号の落札による収益金は、フィリピンのプエルト・ブリンセサ地底河川国立公園に寄附されました。