1000時間コントロールテスト

1992

  • Montre automatique Master Control de Jaeger-LeCoultre
1992年、信頼性と精度に関する新たな基準を確立することを目指した時計職人たちは、最も優れたムーブメント、ジャガー・ルクルト製キャリバー889を選び、これを、クラシックで頑強なケースに組み込みました。そして、この時計に1000時間、つまり6週間以上に及ぶ厳格な6つの検査が課せられました。こうして誕生したのがマスター・コントロールです。それ以来、丸型、続いて角型時計のひとつひとつに、1000時間コントロールテストの厳しい要求基準を満たす改良が施されました。今日、このテストはジャガー・ルクルトの腕時計のすべてに適用されています。