1月16日、ジュネーブにてSIHH開幕

2012年01月16日

  • La Collection 2012

本日、ジュネーブのSIHHにてジャガー・ルクルトは、最新作の発表を行いました。技術的な完璧さと調和の取れた美しいデザインに関する弛まぬ探究を特徴とする、卓越した作品が揃っています。

発明
ジャガー・ルクルトにとって、この言葉は基本理念のひとつとなりました。そしてまさにこの精神こそが、180年に渡りマニュファクチュールに成功をもたらし、さらなる栄光を築こうとしている全ての者たちの原動力となっています。
高級腕時計の歴史を彩る400件の特許、時計界に革新をもたらした100を越える発明、完璧の域へと昇華された何万種類という工程、作業。そして今を生きる伝説となったタイムピースの数々の要素が、ジャガー・ルクルトを形成しています。

デュオメトル・スフェロトゥールビヨン
ジャガー・ルクルトの長い歴史に散りばめられてきた数々の革新の中でも最も新しいこの発明が、たったひとつの腕時計の中に、創業以来マニュファクチュールの名声を築くこととなった4つの基盤を集約させています。
ジャガー・ルクルトの新作、デュオメトル・スフェロトゥールビヨンはその4要素である、精度、信頼性、機能、スタイルを完璧たるバランスのもとに融合させたモデルです。クラシカルな趣の中に、かつてのポケットウォッチを想わせる独特かつ一瞬で認識できるデザインを秘め、そして厳格な時計製造の伝統を忠実に反映させたデュオメトル・スフェロトゥールビヨン。いまだかつて存在したことのない斬新なコンセプトにより設計され、この上なく美しいスペクタクルを披露しながらも、時間計測では最高のパフォーマンスを発揮します。腕時計の極み、といえるでしょう。

マスター・コントロール
マスター ラインは複雑機構を搭載した19世紀のポケットウォッチの偉大なる伝統を今日に受け継ぐラインです。
さりげないエレガンスを呈した新しいマスター・ウルトラスリム・トゥールビヨンは、新しくなったピンクゴールド製ケースで、細くシャープなラインを描きます。マニュファクチュールが生んだこのトゥールビヨン、そして超軽量のグレード5 チタンによるそのケージは、時間計測と技術の分野における数十年に及ぶ研究・開発の成果そのものです。

一方、新しいマスター・ウルトラスリム・リザーブ・ド・マルシェは、機械式腕時計の象徴的コンプリケーションがより美しい表現を見つけました。そこではパワーリザーブと針による日付表示というふたつのクラシックなコンプリケーションが最もピュアなエレガンスの中に溶け合います。

ディープシー
1959年、ジャガー・ルクルトは、海面への浮上のタイミングを伝えるアラーム機能を備えた史上初のダイバーズウォッチを生み出しました。
ジャガー・ルクルトは今年、この伝説のモデルにオマージュを捧げるため、ジャガー・ルクルト・マスター・コンプレッサー・ヴィンテージ・クロノグラフを提案します。

レベルソ
表ダイヤルと裏ダイヤルにあらゆる可能性を追求するレベルソが、時の流れの中で新しい姿を提案していきます。
まず、ノウハウと洗練、そしてエレガンスの完璧な融合を映す新しいグランド・レベルソ・カレンダー。
そしてジャガー・ルクルトは、グランド・レベルソ 1931・ルージュを通じて、歴史的モデルの赤いダイヤルを新しく蘇らせます。洗練と気品、そしてエレガンスが溶け合う腕時計です。

1月16日から20日に開催されるジュネーブ・サロンで、ジャガー・ルクルトの2012年新作が発表されます。お見逃しなく!