エナメル装飾

  • Métier horloger: Les techniques d'émaillage de Jaeger-LeCoultre
ジャガー・ルクルトは、エナメル細密画のノウハウを継承する、世界でも希少なアトリエの1つとして君臨しています。1994年、それまで30年以上姿を消していたこの古の技術を、ジャガー・ルクルトの時計職人が復活させることを心に決めました。しかし、絵画と錬金術の邂逅によって実現されるエナメル細密画の完成までにはそれから数年の月日を要しました。この技術は「忍耐」の一言で要約されます。今日ジャガー・ルクルトでは、3人のエナメル細密画家が、グラン・フー・エナメル、シャンルベ・エナメル、半透明エナメル、クロワゾネ・エナメルといった、あらゆる伝統技術を完璧にマスターしています。しかし、常に進化を模索する職人たちは、素材に奥行き生み出す独自の技法を最近開発しました。それは、細密画を光の方向に若干傾けることで色調が変化し、展望が切り開かれ、想像を遥かに超えた色彩を可能とする新技法です。