腕時計のパイオニア

1910

ルクルト社とジャガー社は腕時計の発展における先駆的役割を果たしました。優れた時計職人たちが力を合わせ、非常に小さな機械式キャリバーの製作にあたりました。デザイン面と技術面の研究が並行して行われた結果、極めて上品な小さなケースの形に対応した、シンプルかつ複雑なキャリバーが誕生することになります。これらのキャリバーは、初の腕時計をはじめ、ペンダント時計やリング時計などにも搭載されました。