世界最小ムーブメント

1929

1929年に始まった政界大恐慌の影響により、贅沢品に対する需要が減少しました。マニュファクチュールの時計職人たちは、世界最小の時計用ムーブメントの製作という挑戦を掲げ、デュオプランのキャリバーを極限まで小型化することにより、その最小化に成功しました。キャリバー101の重量はわずか1グラムで、74個の部品で構成されました。生産量は極めて少ないものの、一貫生産されたものとして、その記録は今のところまだ破られていません。1953年、英国女王エリザベス2世が、戴冠式に、この優れたメカニズムを搭載した時計を着用されました。