ジャイロトゥールビヨン 1

  • Hybris Mechanica gyro1
21世紀におけるジャガー・ルクルト初の超複雑機構モデル、ジャイロトゥールビヨン 1が時計の世界に革新をもたらしました。球体トゥールビヨンは次の2つの複雑機構を兼ね備えています : - 均時差表示 :永久カレンダー機構に連結され、先端に星のついた分針が真太陽時を表示します。真太陽時と常用時は日によって数分のずれがあります。- 4本のレトログラード針を備えた永久カレンダー :1本は月を、1本は閏年を表示し、残りの大きな2本はそれぞれ日付表示の目盛を移動します。左の針が月の初めから半ばまで進むと、今度は右の針が月の半ばから終りまで進むのです。上下面にサファイアクリスタルが使われている2個の香箱は、複雑機構が搭載された腕時計としては異例の8日間というパワーリザーブを誇ります。