グランド・レベルソ・ウルトラスリム 1931・ルージュ

2011年12月15日

  • News Grande_Reverso_1931_Rouge
グランド・レベルソ・ウルトラスリム 1931・ルージュは、レ・ザネ・フォルと呼ばれた時代、レベルソの赤いダイヤルを誇らしげに見せ、ダダイズムへの帰属と妥協のない自由な生き方を顕示したアーティストや知識人を称える腕時計です。 1931年以来、レベルソはそのアイデンティティを強く内に守りながら、常に新しさを追求してきました。クラシックテイストからスポーティスタイル、グランド・コンプリケーションモデルからハイジュエリーモデルまで、さまざまに姿を変えてきたレベルソは、これまで50以上の自社製ムーブメントを搭載してきました。ダイヤルにも100を超える種類が存在し、少しずつ異なるその表情が今日、美しいオブジェの愛好家やコレクターの情熱を駆り立てています。 グランド・レベルソ・ウルトラスリム 1931・ルージュは、歴史に残るレベルソの中でも、特に稀少で、人気のあるモデルにオマージュを捧げます。1930年代、マニュファクチュールはその腕時計にさまざまなダイヤルを提案していました。レベルソを購入した多くの顧客が白、黒、クリーム色、あるいはゴールドカラーのダイヤルを選びました。腕時計の反転する特性、多くのモデルの中にあってもすぐに認識できるアールデコスタイル、パーソナライズが可能な裏ダイヤルといった特徴は、顧客たちが求める独創性を秘めたエレガンスを完璧に具現していたのです。

ジャガー・ルクルトはレ・ザネ・フォルの時代にも、既成概念にとらわれない明確な独創性を示すため、その腕時計にカラーダイヤルを提案しました。茶色や青を選ぶ人は非常に少なく、一方、赤を選んだ人々は、このダイヤルを通じて、ダダイズムへの賛同を強く表明しました。視線を強くとらえる赤は、自らの確固たるエレガンスに反逆と自由への憧憬をアクセントとして効かせ、先駆者的精神を主張する色であったのです。色のスペクトルの端に位置する赤は、生命、血、欲望、権力、危険、愛、火などの強いシンボルをひとつに併せ持つ力強い色です。

グランド・レベルソ・ウルトラスリム 1931・ルージュは1930年代のレッドダイヤルを今に再現する腕時計です。ジャガー・ルクルト製手巻ムーブメント、キャリバー822を搭載したこのモデルは、究極の薄さを呈した大きなケースを通じてその個性を表現します。エレガンスと情熱、クラシシズムと独創性を今までになく融合させたグランド・レベルソ・ウルトラスリム 1931・ルージュが今も1930年代と変わらない、妥協のない自由なスタイルを提案します。 ミラノのジャガー・ルクルトの新しいブティックでプレミアで発表されるレベルソ・ルージュは、独特のスタイルとイタリア的なエレガンスが形成するその個性を披露するのに、理想的な空間を選んだといえるでしょう。

グランド・レベルソ・ウルトラスリム 1931・ルージュ: 技術仕様
ムーブメント
- 機械式手巻、ジャガー・ルクルト製キャリバー822
- 21,600 振動/時
- 21 石
- 厚さ :2.94 mm
- 部品数134 個
- 45 時間パワーリザーブ

機能
- 時、分

ダイヤル
- レッドラッカー
- シルバーカラーインデックス

ケース
- ステンレススチール
- 縦幅:46 mm
- 横幅:27.5 mm
- 厚さ:7.27 mm
- indicationケースバックに「contrôle 1000 heures 」(1000時間コントロール)の刻印
-  3 気圧防水

ブティック限定エディション