通勤手段

  • Jaeger-LeCoultre s'engage dans le co-voiturage pour protéger l'environnement
従業員用のバス路線住民が点在して暮らす特徴的な地域において、従業員の通勤を容易にすることがいかに重要であるかを認識しているジャガー・ルクルトは、長年にわたり、相乗り通勤の制度を積極的に支援し、ジュウ渓谷への車の乗り入れを大幅に減らしてきました。さらに2007年10月からは、運用費用をジャガー・ルクルトが全額負担する従業員のためのバス運行サービスも開始しました。35~50キロの距離で従業員に自宅と職場との往復のための安全で快適な朝夕の通勤手段を提供することを目的として、現在2路線が運行されています。マイカー相乗りと通勤バスが年間約220日稼動し、1日約50キロの距離をカバーするとの前提に立つと、年間約270台分の車の乗り入れを減らすことになるという調査結果も出ています。こうした制度によって減らすことのできる総距離は、1年で約300万キロに上り、交通機関がもたらす大気汚染を減らすことに大きく貢献しています。- ジャガー・ルクルトが立ち上げたバス制度についての詳細は、責任:人材のページをご覧ください。2008年度ヴォー州モビリティ最優秀賞受賞交通量削減に取り組むジャガー・ルクルトにヴォー州から贈られたのが、ヴォー州モビリティ賞です。この賞は、従業員のための交通手段を提供する企業の努力を称えるもので、例えば、従来の交通機関に取って代わる手段を提供することで、交通量を減らそうとする取組みが受賞の対象となります。