アワード

  • Spyke lee2

グローリー・トゥー・ザ・フィルムメーカー・アワード 金獅子賞、男優賞、女優賞今年の「ジャガー・ルクルト グローリー・トゥー・ザ・フィルムメーカー・アワード」は、映画監督として素晴らしい功績を打ち立てた名優アル・パチーノに贈られます。彼の3作目の監督作品『ワイルド・サロメ』は、ヴェネチア国際映画祭で上映されます。この賞は、過去に北野武(2007年)、アニエス・ヴァルダ(2008年)、アッバス・キアロスタミ(2008年)、シルベスター・スタローン(2009年)、インド人映画監督のマニ・ラトナム(2010年)各氏のような映画界の巨匠たちが受賞しています。2005年以来、ヴェネチア国際映画祭のスポンサーを務めているジャガー・ルクルトは、映画祭の主要イベントに積極的に参加し、最高の作品でスターたちを引き立てるとともに、受賞者にはパーソナライズされたレベルソを贈呈しています。3つのユニークなモデルが、その年の男優賞、女優賞、金獅子賞(最優秀作品賞)の受賞者にそれぞれ贈られます。最高の伝統技術を駆使して手作業で製作されたこれらの腕時計には、ヴェネチアを象徴する獅子のラッカー仕上げのエングレービングが施され、「68. Mostra Internazionale d’Arte Cinematografica」(第68回ヴェネチア国際映画祭)の銘が刻まれています。