ジャガー・ルクルトとポロ

  • Montre Reverso de Jaeger-LeCoultre
1931年。英国植民地であったインドでは、英国騎兵隊の将校たちが、ポロの競技を行いながら常に武術の腕を磨いていました。このスポーツは、2千年以上 も前に中央アジアの草原地帯で発祥したといわれています。世界初のチームスポーツでもあるポロは、ペルシアやアラビア、チベットの王子やスルタンから愛好 されていました。1859年に英国人大尉によって見出されると、たちまちポロは非常に英国らしい娯楽のひとつとなりました。19世紀末には、インド亜大陸 は、175ものポロクラブを誇るようになっていました。20世紀初頭になると、それまで長く続いてきた懐中時計の時代は終わりに近づいていました。人々は、ポロの競技を行う時でも腕に時計を着用するようになっ ていました。1930年、セザール・デ・トレイは、旧友に会うためにインドへ赴きました。ジャック・ダヴィッド・ルクルトの親しい知人であり、有力な商人 でもあった彼は、その当時、ジャガー・ルクルトの著名な発明であったデュオプランを含む最高級のスイス腕時計の流通に専念しようと決意していました。ポロ競技の後に、あるポロプレーヤーがセザール・デ・トレイにガラスの割れた自分の腕時計を見せ、ポロの競技中でも壊れないような頑丈な腕時計を製作して欲しいと依頼しました。当時はまだサファイアクリスタルなど存在していなかった時代です。それまでに発明された時計製造技術では、ガラスを保護するためには機能性を犠牲にしなければならなかったため、これは非常に困難な問題でした。すべての革新的な功績がそうであるように、この新しい腕時計も、それまで誰も考えつかなかったシンプルなアイデアに基づくものでした。それが、全体を反転 させられるケース、というアイデアでした。セザール・デ・トレイは、この腕時計の開発を時計技師のアルフレッド・シャボーに委託しました。彼はすぐにこの 任務に着手し、1931年3月4日には「クレードル内をスライドさせて完全に反転させることのできる腕時計」という記述により、この腕時計の特許を申請し ました。高級腕時計に精通した専門家であったセザール・デ・トレイは、高品質のムーブメントを製作する専門技術を持つと同時に、常に創作力を発揮し続けられるの は、ジャック・ダヴィッド・ルクルトの経営する工房しかないとわかっていました。そして、この類稀な時計の販売をするためにセザール・デ・トレイととジャック・ダヴィッド・ルクルトはSpécialités Horlogèresを設立し、後に、この会社はジャガー・ルクルトと屋号を変えることになります。その時以来、伝説的な反転式ケースとポロの関係は、常に進化し続けながら、それぞれの新しい時代に適応してきたレベルソの本質的な部分に深く根付いていま す。現在、ジャガー・ルクルトは、国際的に著名なアンバサダーたちのおかげで、競技への定期的なパートナーシップを通じて、数多くの国々で、これまで以上 に密接にポロと関わりを持つようになりました。ジャガー・ルクルトのアンバサダーたちポロ・アンバサダー セクションへのリンクは、アルゼンチン、イギリス、スペインで開催される世界最高レベルの大会トーナメント セクションへのリンクで、素晴らしい技術を披露しています。