ヴェネチア国際映画祭閉幕式

2012年09月14日

もしこの映画祭で最高の瞬間を1つ挙げるとすれば、それはおそらく最も注目を集める金獅子賞の授与でしょう。俳優や映画監督にとって、その才能を認められる以上に名誉なことはあるでしょうか?

今年もまた、ジャガー・ルクルトは第69回ヴェネチア国際映画祭の受賞者全員に、パーソナライズされたレベルソを授与しました。この唯一無二のタイムピースには、ヴェネチアを象徴する獅子と、「69th Mostra」(第69回ヴェネチア国際映画祭)の文字が刻まれています。

. パラッツォ・デル・チネマで開催された閉幕式では、韓国人映画監督のキム・ギドクが映画「Pieta」で待望の金獅子賞を受賞しました。また、女優賞は映画「Lemale Et Ha'Chalal」で演じたイスラエル人女優のハダス・ヤロン、そして男優賞は、映画「The Master」のフィリップ・シーモア・ホフマンがそれぞれ受賞しています。