ジャガー・ルクルト2011年コレクションの序章

2014年10月24日

1月17日、ジュネーブにてSIHH」開幕 本日、ジュネーブのSIHHにてジャガー・ルクルトは、最新作の発表を行いました。技術的な完璧さと調和の取れた美しいデザインに関する弛まぬ探究を特徴とする、卓越した作品が揃っています。 2011年の主役の座を占めるのは、いつの時代にも根強い人気を誇る腕時計、レベルソです。伝説のモデルに忠実でありながらも、創造性の限界をはるか遠くへと押しやり、またしても人々に驚きを与え魅了することになるでしょう。発表されるのは、グランド・レベルソ・ウルトラスリム、グランド・レベルソ・デュオ、そしてレベルソ・ミニッツリピーター・リドー。テクノロジーとデザインを根本的に見直しつつ、レベルソの原点を大切にした斬新な3本の新作腕時計です。 純粋さ、古典主義、時計製造の技 発見の精神、より精密でより複雑な新たな技術的偉業を生み出すことへの欲求に、常に駆り立てられているジャガー・ルクルトは、2011年コレクションを通して、革新的なコンセプトと卓越した仕上げと共に、伝統的な時計製造の熟練の技を示しています。その一例を挙げると、 -薄型ムーブメントの限られたスペースの中に収められたテクニックと洗練:マスター・ウルトラスリム・ムーンに加えて、伝説の反転式ウォッチのピュアで幾何学的なフォルムを守ったレベルソ・ウルトラスリムが登場。 -本数限定で製造される高精度の傑作:デュオメトル・カンティエーム・ルネール、マスター・グランド・トラディション・ミニッツリピーター、レベルソ・ミニッツリピーター・リドー。 -洗練されたダイヤルにエレガントに時間を表示する、エングレービングによりパーソナライズが可能なグランド・レベルソ・レディ・ウルトラスリムを通して表現される女性らしさ。 -すべての時間帯を同時に表示する、マスター・ジオグラフィークとグランド・レベルソ・デュオ。 -半永久ムーブメントを備えたアトモスのマルカットリー。 -時計製造のノウハウと装飾芸術の技を結集した、ハイ・ジュエリー:マスター・トゥールビヨン39・エナメルがその代表作です。 LeClub(ル・クラブ)で、SIHHの最新ニュースをご覧ください。新作コレクションに関する未公開情報や、ジャガー・ルクルトのエキスパートたちのインタビューも視聴することもできます。 ジャガー・ルクルトはレベルソ専用のミニサイトを開設しております。アクセスしてレベルソ伝説の世界をご堪能ください。 さらにLeClub(ル・クラブ)でも、レベルソの伝説について紹介しています。ポロ競技に熱心だった英国人将校たちが、一人のスイス人実業家に、腕時計のガラスが割れやすくて困ると不満を訴えたインド亜大陸から、まるで時間が止まっているかのようなジュウ渓谷までのレベルソの道のりをたどることができます。 ジャガー・ルクルトのコンシェルジュが、ブランドの新作に関する皆様からのあらゆる質問にお答えします。