エドモンド・ジャガーがパリに会社を設立

1880

フランスの偉大な時計製造職人であり、また精密機械に精通していたエドモンド・ジャガー(1858~1922)は、普仏戦争直後に生まれ故郷のアルザスをあとにし、1880年にパリで会社を興します。フランス海軍の時計製造職人であった彼は、その生涯をクロノグラフ、タキメーター、回転速度計、そして飛行機、船舶、自動車の計器類など、速度測定のためのメカニズムの開発に捧げました。