ジャガー・ルクルトは、高級時計財団(FHH)を支援します。

2011年08月15日

  • News 728
世界偽造防止デー:それでもあなたは偽造品を買いますか?

ジャガー・ルクルトは、高級時計財団(FHH)が実施する偽造防止キャンペーンを支援します。このキャンペーンは偽造が蔓延する実状を知らせ、社会に広く注意喚起を促すことを目的としています。FHHでは、偽造防止キャンペーンにいっそう力を入れており、一般とローザンヌ美術大学の学生を対象に「Take a true look at fakes」(偽造品の本当の目的を知ってください)をテーマに短編映画コンペティションを開催し、応募作品の中から選ばれた映像作品を公開しています。偽造品を購入した客は、児童労働やマネーロンダリング、雇用喪失、知的財産の窃盗などに加担することになります。これらの行為はすべて組織的な犯罪に利益をもたらすものです。FHHはその活動の一環として偽造防止キャンペーンを最優先目標に掲げ、高級腕時計ブランドの市場活動を支援しています。2009年にFHHは「Fake Watches are for Fake People」(偽造時計をつけるのは本物の価値を知らない人)と名付けた大規模な一般向けキャンペーンを120のメディアを通じて24カ国で実施しました。今回の新しいキャンペーンでは、「Real/Fake:You have the choice! Don’t be a partner in crime.」(本物か偽物か。選択権はあなたにあります。犯罪行為に加担するのはやめましょう)と問いかけます。活動範囲を広げるため、FHHは一般とローザンヌ美術大学(ECAL)の1年生を対象に「Take a true look at fakes」(偽造品の本当の目的を知ってください)をテーマとしたインフォマーシャルのコンペティションを開催しました。応募作品の中から選ばれたアニメーションやフィクション、モンタージュなど約30編のインフォマーシャルや短編映画が、スイスをはじめ世界各国で上映される予定です。このキャンペーンのために制作された映像作品は、こちらからご覧いただけます。あなたには本物の時計がふさわしい1833年の創業以来、ジャガー・ルクルトは自らの技術革新、経験、そして発明の才をタイムピースに集約し、時計製造における素晴らしい伝統と最新技術の融合を実現しています。こうした困難に挑み続ける姿勢によって革新と伝統を他に類のない形で一体化し、球体トゥールビヨンを搭載したレベルソやマスター・コンプレッサー・エクストリーム・ラボ、独立した二つのムーブメントを一つのレギュレーターで制御するデュオメトルの発表に至りました。ジャガー・ルクルトのタイムピースはエレガンスと控えめさを兼ね備え、内なる自信のオーラを醸し出しています。