女性らしい時

2012年06月12日

時の流れを優雅にとらえるジャガー・ルクルトの運命は、1833年以来、最も類まれな工芸とともにありました。ハイジュエリーとオート オルロジュリー完璧な融合からは、永遠の宝であるエレガンスと女性らしさの化身が誕生しました。 

19世紀には、マニュファクチュールのペンダント・ウォッチやブローチ・ウォッチ、また腕時計は独自のキャリバーが装備され、最高のエングレーバーやエナメル職人、ジェムセッティング職人の手によって美しく飾られていました。これらのクリエーションは、先駆的な女性たちが国際的な評価を集めはじめた時代に、女性へ時を極める機会を与えましたチ。 

1925年、デュオプランは美と知性の隔たりという永遠の課題を解決しました。二重構造のキャリバーを持つデュオプランは革新的であり、女性のためにエレガンスと精密な時計製造の融合を実現しました。そしてデュオプランは、女性らしさの象徴となりました。 

80年以上もの間、ジャガー・ルクルトのキャリバー101は世界最小の機械式ムーブメントとして知られてきました。小型化の偉業であるこのキャリバーは、1953年のエリザベス女王が戴冠式に着用されたものなど、最も選ばれた時計に搭載されてきました。 1931年に制作されたレディース用のレベルソは常にさまざまな形で再解釈されてきました。ペンダントやハンドバッグ・ウォッチとして、コードのリストレットと組み合わせたり、宝石の輝きに彩られたり、またはメインに配された、昼と夜を思わせる背中合わせの2つのダイヤルなど、レベルソの多面的な美しさは、美意識や内面の美に敏感な何世代もの洗練された女性たちを魅了してきました。