新作レベルソ・ミニッツリピーター・リドー

2011年01月19日

  • News 655
エモーションを呼び覚ます技術

ジャガー・ルクルトが開発した新作レベルソ・ミニッツリピーター・リドーでは、斬新な動作、新たな視点、かつて経験したことのないエモーションが演出されています。ジャガー・ルクルトは、新作となるこの傑作タイムピースをSIHHで披露しました。史上初となる4種類の表情を備えたこの腕時計は、回転するブラインドがダイヤルの一方を交互に隠すことで、複数のダイヤルを作り出します。ホワイトゴールド製レベルソ・ミニッツリピーター・リドーは、僅か75本の限定生産となることから、ブランド史上最も希少なタイムピースの1つに数えられます。またこのモデルは、ムーブメントとケースの間に1人の時計職人の手による組立ておよび調整が要求される、複雑かつ無数の巧妙な相互作用を備えたムーブメントの特殊性にオマージュを捧げています。4種類の面で時計に美しさと技術を融合させ、さらに、透明感溢れる豊かな音色を奏でるチャイムが必要に応じて1時間、15分、1分単位で時の経過を告げる、最も高度な複雑機構のひとつであるミニッツリピーター機構を搭載しました。技術が人に確信を与え、そして魅了する一方で、これほどまでに小型化され洗練された機構が人々の感情に入り込むときに生まれるエモーションは、腕時計を忘れられない一品にしてくれます。まずはじめに、“その”感触にはっとさせられます。指先でブラインドをスライドさせると、ミニッツリピーター機構を巻き上げながらブラインドがケースのダイヤルの1面を覆い隠します… 斬新な動作が生み出すかつてないセンセーション…また、トレビュシェ・ハンマーが奏でるミニッツリピーターの透明感溢れる豊かな音色は聞く人を魅惑することでしょう。そして最後に、このタイムピースに備わる、ブラインドを開閉することで姿を現し、あるいは姿を消す、合計4種類から成る面に魅了された所有者は何を思うのでしょうか。また、ムーブメントとケースの間の巧妙な相互作用は、音色を響かせる瞬間まで加速するハンマーの巧みな機構を司る至極の傑作となっています。ジャガー・ルクルトはレベルソ専用のミニサイトを開設しております。アクセスしてレベルソ伝説の世界へお入りください。さらにLeClub(ル・クラブ)では、ポロ競技に熱心だった英国人将校たちが、一人のスイス人実業家に、腕時計のガラスが割れやすくて困ると不満を訴えたインド亜大陸から、まるで時間が止まっているかのようなジュウ渓谷までのレベルソの道のりをたどることができます。