YEARBOOK第5版、レベルソの二面性に捧げる頌歌

2011年11月15日

  • YearBook Five
2007年以来、マニュファクチュール ジャガー・ルクルトは、Yearbookを毎年発行しています。ジュウ渓谷で制作を手がける一流の時計技師たちの最新の活動にインスピレーションを得て制作されるもので、大判サイズにイラストをふんだんに取り入れ、ジャガー・ルクルトの幅広い文化的・芸術的展望をお伝えしています。

称えるべき功績は称えようというコンセプトで、今号のYearbookはレベルソにフィーチャーしました。 伝説のタイムピースの誕生80周年を祝し、1931年に作られた他に類を見ない最も象徴的なこのモデルをつまびらかにします。その美しいメカニズムの魅力に迫り、各国王族のロイヤルエンブレムが彫刻されてきたレベルソの歴史についてもひも解きます。 また、今号ではレベルソの最も重要な要素である二面性にスポットを当てています。 もともと、ポロ協議中にタイムピースを保護するようにとケースを反転させるシステムが開発されましたが、それは最初から単なる保護機能の域を超えたものでした。 裏側には、パーソナライズを施したり、メカニズムの装飾があしらわれたり、第2時間帯表示やダイヤモンド セッティングが配されるなど、様々な様式が取り入れられました。 今回のYearbook第5版では、レベルソの持つ両面性を出発点に、独特の世界観とその主役たちをご紹介します。

早代わりで有名なイタリア人の世界的パフォーマー、アルチュロ・ブラケッティをはじめ、ロシア人ジャーナリストのエドゥアール・ドロースキン、フランス人の美術史家ジョエル・ビュスカ、アメリカ人写真家のマリー・エレン・マークが参加したこのアートブックは、見た目以上に価値の高い1冊に仕上がりました。 ボリショイのバックステージからアイスランドの火山、そしてアルゼンチンやアフリカまで、世界中のあらゆるシーンでレベルソを覆うマスクを取り払いその全貌を探ります。 しかし、マスクは1つだけとは限りません。 二面性とは常に同一性と背中合わせです。 表と裏、2つでセットのものからどちらか1つだけを識別することは果たして可能でしょうか。 二面性とは変容と衝撃という2つの主要な要素を持ち、共鳴と鏡面の効果から意味を生み出すものです。 レベルソと同じくらい魅力あふれるこのYearbook第5版は、目に見えるものと予測可能なものを覆し、そこに遊び心を加えて、読者の皆様に驚嘆と感動をお届けします。

芸術と時計製造を愛する皆様の本棚にふさわしく、すべてのジャガー・ルクルト ファンにとって不可欠な1冊であるこのYearbook第5版は、レベルソのリバーシブルな性質にインスピレーションを得て制作されました。 ですが、その魅力は裏返ることなく、輝きを放ち続けます。

さらに、今回のYearbook第5版では、有名な写真家でトップモデルでもあるアストリッド・ムニョスの写真を取り入れています。世界中を旅して、訪れた国や住民のエッセンスをその慣習や伝承とともに取り込んだ彼女の素晴らしい写真を掲載できることはとても光栄なことです。