スケルトン加工

  • Squelettage | Métier horloger | Jaeger-LeCoultre
独特なスケルトン加工を施したムーブメントは、極めて希少なため、限られた数の生産となっています。熟練の腕、ノウハウ、そして想像力が、エングレーバーのほんの些細な動作をも司っています。部品のフォルムを保つために、エングレーバーは、蝋製の台の上に固定しながら、1つ1つの部品に加工を施していきます。まず、細い線でエングレービングを施すゾーンを定め、次に、金属製の部品を貫通してしまう恐れがあるため、深く刻み込まないように注意しながら、より太い線で彫刻を施します。こうして加工された部品は、今度は時計職人によって組立てられます。組立てが完了したムーブメントは、ルビーとブルーイング仕上げのネジで装飾が施されると、繊細さが際立つ高級な透かし刺繍を彷彿とさせる装いを醸します。