クロノメーター・ジオフィジック

1958

1958年、ジャガー・ルクルトは、あらゆる条件下での耐久性に優れた(耐磁、耐衝撃、防水)、高精度のモデルを開発するという形で国際地球観測年の活動に参加します。ジャガー・ルクルト製キャリバー 478BWSbrを搭載し、1290本限定生産されたクロノメーター・ジオフィジックは、大きな威信を得ます。世界初の原子力潜水艦による北極海探検の成功を称え、ノーチラス号とスケート号の艦長にジュネーブ市民が記念の刻印を施したゴールド製のジオフィジックを贈ることになったからです。