ユネスコとのパートナーシップ

2010年06月25日

  • News 524
絶滅寸前の生態系の保護:九寨溝の雄大な歴史的地域

四川省(中国)の北、南平市に位置する九寨溝の広大で歴史的なこの地域は、1992年にユネスコの世界遺産リストに登録されました。九寨溝は、岷山山脈にある3つの保護地区(黄龍洞、王朗、九寨溝)の1つで、かつて氷河の侵食で形成された湖群を特徴とする地域です。そこには幾重にも重なる棚田状の湖や、Xionguashia(パンダ湖)の高さ78mから流れ落ちる3層の滝を代表とする、壮大な滝の数々があります。この地域の大部分は森林に覆われており、その異なる高低差により、混合樹林から高山草原、針葉樹林から雪、そして万年氷河へと景色を変化させています。一部の世界的絶滅危惧種にとって重要な地域である九寨溝は、13ヶ所あるパンダの世界的な保護地域の1つとなっています。You Tube上のジャガー・ルクルト公式チャンネルjaegerlecoultreclubでは、「タイズ・オブ・タイム」 パートナーシップの一環として支援を行う海洋地区の映像と、ジャガー・ルクルトCEOジェローム・ランベールのインタビューをご覧いただけます。2010年、ジャガー・ルクルトとインターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙、ユネスコとのパートナーシップは3年目に入ります。このパートナーシップは、すでに大きなプロジェクトで成果を得ています。• 保護地域に関する一般への知名度の浸透• ユネスコ世界遺産委員会が設置した海洋プログラムの調整役の募集• パートナーシップを象徴する腕時計、マスター・コンプレッサー・エクストリーム W-アラーム・タイズ・オブ・タイムの開発• 危機遺産救済を目的としたオークションの開催ジャガー・ルクルトでは、公式ウェブサイトでのオークションをこれまでに2度開催し、その収益のすべてである合計26,140ポンドを、トゥバタハ岩礁海中公園やスンダルバンス国立公園などの世界遺産登録地域の保護に寄付してきました。特に、トゥバタハ岩礁海中公園では、この寄付により、海洋公園水域の船舶の往来を監視する、同地区のレーダーシステムが新しく取り付けられました。