ハンブルグで「ジャーマン・ジャンピング&ドレサージュ・ダービー」が開催

2010年06月17日

  • News 539
優勝者ローレン・ハフ騎手にビック・レベルソが贈られました

ジャガー・ルクルトはこのたび、世界で最も有名な障害飛越競技《 Global Champions Tour(GCT)》のオフィシャルパートナーを務めることになりました。2010年5月15日(土)には、ドイツ・ハンブルグにて由緒ある国際競技会「Deutsches Derby(ドイツダービー)」が開催されました。世界でもトップレベルを誇るこの障害飛越競技会では2度の予選と決勝が行われ、1万人を超える観客がスタンドで見守る中、会場は熱気に包まれました。激戦の中、2度の予選を終えて減点0の4名が決勝に進出、そのうち3名は女性騎手でした。その後、この接戦を制して優勝に輝いたのは、決勝でも減点0の好成績を収めたQuick Studyに騎乗のアメリカ人騎手ローレン・ハフです。次いでエドウィナ・アレクサンダー(オーストラリア)が2位につけ、ローラ・クラウト(アメリカ)と、マルコ・クッチャー(ドイツ)がそれに続きました。現在、CGT世界ランキングトップは今大会でNoltes Küchengirlに騎乗し8位につけたマーカス・アーニング(ドイツ)で、マルコ・クッチャーとローラ・クラウトが追っています。今大会優勝者のローレン・ハフには優勝賞金95,000ユーロと、副賞としてジャガー・ルクルトCEOジェローム・ランベールからビック・レベルソが贈られました。今後も新しい情報が入り次第、随時配信していきます。また、ジャガー・ルクルトと乗馬の世界に関する詳細はこちらをご覧ください。Discover the Polo Film.