グランド・メゾン、ジャガー・ルクルトがサロンQPを席巻

2011年11月15日

  • SQP11 412
日頃から機械式時計や類まれなタイムピースについてもっと知りたいと思っているコレクターのご要望にお応えしてこの11月、「ジュウ渓谷」がイギリスにやって来ます。

伝統と革新の代名詞であるマニュファクチュール ジャガー・ルクルトが、今回初めてジュウ渓谷のエッセンスをサーチ・ギャラリーの現代的な舞台にお届けします。高級時計のコレクターをはじめ、芸術や腕時計を愛する方々のために、ジャガー・ルクルトは類まれな体験をご用意しました。マニュファクチュールの中でも特に熟練の時計技師たちがマスター・クラスを開催し、VIPや時計のスペシャリストの皆様に、高級時計製造のノウハウを探求できる特別な機会を贈ります。

3日間だけのスペシャルトリビュート。レベルソ・ミニッツリピーター・リドー、グランド・レベルソ ・エナメル、レベルソ・グランド・コンプリカシオン・トリプティックという3つの卓越したタイムピースが主役となって、今年80周年を迎えるアイコン的腕時計レベルソにオマージュを捧げます。 ジャガー・ルクルトを象徴する腕時計、レベルソの80周年に合わせて、ジャガー・ルクルトで最も有名なムーブメントの1つであるレベルソ・グランド・デイトのキャリバー875の組み立て方法をご紹介します。

最も小さなカナから最も大きな香箱まで、主ゼンマイの組み立て方法を学ぶことができます。このゼンマイは、脱進機のすぐ下にある輪列の大事な動力供給源で、テンプへのエネルギーを調整する腕時計のいわば「心臓」部であり、高級時計製造の中枢とも言える機構です。

テレグラフ オンラインのジャガー・ルクルト ミニサイトで、この特別な体験をご覧いただけます。